Blog&column
ブログ・コラム

子どもがストレスを感じている時のサイン

query_builder 2022/03/17
コラム
13
子どもは大人ほど、自分の感情を言葉にできません。
そのため、ストレスを感じている時に体調や態度に出ることが多いです。
今回は、子どもがストレスを感じている時のサインを解説します。

▼ストレスを感じている時のサイン
子どもがストレスを感じている時に示すサインを知れば、適切なサポートができます。

■食欲が減った
子どもの食欲が不自然に落ちた場合は、ストレスを感じているサインかもしれません。
ストレスは、興奮状態をつかさどる交感神経を活発にさせます。
交感神経が過剰に働くことで、食欲が抑制され、空腹なのに食べたくないという状態になります。

■お腹をよく壊す
下痢によって頻繁にトイレに行くようになった時も、ストレスが原因かもしれません。
ストレスは、胃腸の動きを制御する自律神経の働きを乱します。
自律神経が乱れることで、胃腸が過敏に反応して下痢を引き起こすのです。

■イライラしている
ストレスを感じることで、イライラして怒りっぽくなることがあります。
ストレスを感じた体は、危機を感じて自動的に戦闘モードに入ってしまいます。
そのため、好戦的になりやすく小さなことでも相手に怒ってしまうのです。

■過度に甘える
普段より以上に甘えた子どもはストレスを感じている可能性があります。
子どもは、環境の大きな変化などによって感じた不安を、親に必要以上に甘えることで埋めようとするのです。

▼まとめ
子どもがストレスを感じている時のサインについて解説しました。
食欲が減った・お腹をよく壊す・イライラしている・過度に甘えるというサインがあります。
お子様のストレスのサインに気づいたら、当社のカウンセリングにぜひお越しください。
ストレスの原因を突き詰め、解決までのお手伝いを可能な限りさせていただきます。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE