Blog&column
ブログ・コラム

成長とともに子どもが抱える悩みとは

query_builder 2022/04/15
コラム
19
悩みとは誰もが抱えているものですが、それは大人であろうと子どもであろうと同じです。
特に子どもは成長に伴って、悩む内容も変わってきます。
今回は、子どもの成長に合わせ、どのような事に悩みがあるのかについてお話します。

▼10歳くらいまでの悩み
10歳に満たない子どもは、勉強や運動、友達との関係性についての悩みが多くあります。

勉強や運動
自分のやりたいことではない事について、他の子どもと比較をしたり、されたりするのが原因です。
勉強や運動がどうしても苦手な子どもはたくさんいます。
できるだけ、その子の特性を知ってあげ、「やらなくてもいい」という選択肢も時には必要でしょう。

■友達関係
友達関係も同じく、友達と仲良くなれない子どももいます。
また、友達を作りたいけど、自分から友達を作るのは苦手という子供もいるでしょう。
良くも悪くも学校などでの教育だけで済ませるのは危険かもしれません。

▼思春期の悩み
思春期には、勉強や運動についての悩みも当然ありますが、人間関係についての悩みがより多く見られます。
友達と一緒にいる時間は楽しいけど、学校では友達以外の子とも付き合っていかなければなりません。
いじめ問題や、異性に対する興味などにより、思春期の心理はより複雑になってきます。
親が干渉しすぎるのも逆効果になる事もあるため、思春期の子どもとの接し方には十分注意が必要です。

▼将来を決める時期
いわゆる思春期を過ぎた17歳くらいから、将来についての考える人生の岐路に立たされます。
子どもによってはそのプレッシャーに押しつぶされたり、親のプレッシャーなどによる重圧を感じることも。
また、ここでも他の子ども達との比較を自分で感じてしまい、悩んでしまいます。
親や信頼できる人からの助言は、大きく影響を与えることもあるため、応援してあげる気持ちで接してあげるのが大事でしょう。

▼まとめ
子どもの悩みには、年齢によって悩む内容や悩む種類が変わってきます。
つまり、解決策もその都度変わってくるため、しっかりと子どもの事を理解し、見守ってあげることが大事でしょう。
株式会社みのりのもりでは、子ども一人一人の悩みに対して、しっかりと向き合いサポートしていきます。
もし親御さんだけで悩んでおられるようであれば、みのりのもりをご利用いただく事で、子どもさんの悩みを解決できるかもしれません。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE