Blog&column
ブログ・コラム

子どもが不器用な時の正しい接し方について

query_builder 2022/04/22
コラム
20
子どもが不器用で、運動や簡単な作業ができないと、悩んでいらっしゃる親御さんもいらっしゃるでしょう。
子どもが不器用なのは発達障害の可能性も考えられます。
しかし発達障害を個性ととらえ、不器用さを受け入れてあげる事が大事でしょう。
今回は、不器用な子どもに対してどのように接するとよいかについてお話します。

▼発達障害とは
発達障害とは、自閉スペクトラム症・注意欠如・多動症・学習症・チック症・吃音症などの症状があります。
それぞれ症状は違いますが、子どもの頃から不器用だったり、運動がうまくできないなどの症状も。
本人にとっては心に大きな負担となり、子どもながらに生きづらさを感じてしまいます。

▼不器用な子どもの接し方
発達障害である可能性もありますが、そうでない場合もあります。
子どもひとりひとりに個性があるため、発達障害でなくとも不器用な子どもはたくさんいるでしょう。
そのため、その子どもの性格や特徴を理解して接することが重要です。
子どもを観察する」、「環境と整える」、「子どもを信じる」などを意識するとよいでしょう。

子どもを観察する
まずは子どもをしっかりと観察することが大事です。
発達障害だとしても、いくつかの症状があります。
発達障害でなくても、育った環境も異なれば子どもごとに性格も違うもの。
そのため、子どもの特徴をしっかりと観察し、把握しておく必要があります。

■環境を整える
子どもの特徴をしっかりと把握できたら、環境を整えなければなりません。
もし学校などで通常クラスに居たとしたら、苦痛を味わっている可能性もあります。
その子どもにあった環境、つまり生活する環境や家族との関係性を考慮します。
また、必ずしもその環境は学校である必要もないということを知っておきましょう。

子どもを信じる
当然ですが、信じてあげる事を忘れてはいけません。
どんな子どもでも同じですが、信じてあげなければ周りの大人たちも含めて成長しづらいでしょう。
子どもの成長を一緒に喜びましょう。

▼まとめ
子どもが不器用だった時、発達障害の可能性があります。
また、不器用な子どもとの接し方として「子供を観察する」、「環境を整える」、「子どもを信じる」という部分に注意して接してみると良いでしょう。
株式会社みのりの森では、発達障害でお悩みのお子さん、親御さんのサポートを行います。
発達障害でなくとも、不器用で悩んでいたり、不登校などでお悩みの場合でもお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE