Blog&column
ブログ・コラム

子どもが無反応の場合の理由や接し方について

query_builder 2022/05/15
コラム
23
子どもが無反応な場合、どのように対処したらよいでしょうか。
子どもが無反応なのには、無反応をする理由があります。
今回は、無反応な子どもの理由や接し方についてお話します。

子どもが無反応な理由
子どもが無反応の場合、さまざまな理由があります。
障害による無反応の場合、発達障害の一種であったり、愛着障害、場面緘黙症などの可能性があります。
また、思春期や家族との関係性によって無反応になる事もあるでしょう。

▼無反応の理由を知る
子どもが無反応な場合、無反応という反応をしている場合があります。
例えば、思春期で親に反抗的な態度を取る時に、無反応という反応を取ってしまうことも。
また、障害による無反応には障害による特性によって、それぞれ意味が異なることもあります。

そのため対処法としては、まずはその子どもがなぜ無反応なのかを知ることが大事でしょう。
思春期であっても、障害であってもそれぞれに理由があります。
なぜ無反応なのか、その理由を知ることが、まず初めに行うべき事でしょう。

▼無反応の子どもへの接し方
子どもが無反応の場合、勝手な判断をするのはよくありません。
生意気だとか、自分の事が嫌いなのかとか勝手に子どもの考えを判断しないようにします。
あくまで子どもに対して、自分はこういう人間なんだというのを子どもに理解してもらうとよいでしょう。

子どもが無反応という事は、子ども側からの要求はされません。
全てではありませんが、子どもは相手に合わせるという選択をする場合があります。
その場合、あまりにも毎回対応が変わってしまうと子どもも混乱するかもしれません。
子どもに対する接し方を統一させ、また、無反応が悪いという意識を持ってもらわないことが重要です。

▼まとめ
子どもの無反応は、無反応という反応であると考えるとよいでしょう。
子どもの事を知り、理解する努力が必要です。
また、どのような理由であっても子どもに対する接し方に配慮することで、よい関係を保つことができるでしょう。
株式会社みのりの森では、無反応の子どもに対する接し方についても配慮をし、子どもにとってよりよい対応を心がけます。
無反応の子どもに対する接し方にお悩みでしたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE