Blog&column
ブログ・コラム

落ち着きがない子どもにはどう接すればいいの?

query_builder 2022/05/22
コラム
24
子どもの落ち着きがなく、悩まれている保護者の方は多いのではないでしょうか。
周囲の子と比べて明らかに様子が異なっていると、ますます心配になりますよね。
今回は、落ち着きのない子どもへの接し方のコツをご紹介しましょう。

▼落ち着きがない子どもへの接し方のコツ
子どもが落ち着きがなくなる原因は、ストレスや発達の特性、持って生まれた性質などいくつか考えられます。
落ち着きがない子どもに有効な主な接し方をご紹介します。

■わかりやすく伝える
子どもは大人の指示がよく理解できないと、混乱して落ち着きがなくなることがあります。
この場合、子どもに伝わりやすい方法で指示を伝えるよう心がけましょう。
例えば長い文章で伝えず短くわかりやすい文章で伝える、視覚情報を与える・絵や写真などで伝えるといった方法があります。

■見通しを持たせる
子どもの中にはこれからすることの見通しがつかないことで、落ち着かなくなる子もいます。
この場合は、あらかじめこれからすることや約束事を伝えておく・スケジュールを提示することで、落ち着いて活動できることがあります。

■否定する言葉を使わない
落ち着きがない子どもは日頃から怒られることが多く、劣等感を抱えていることが多い傾向にあります。
落ち着きのなさには目を瞑り、お子さまのほめポイントを探して積極的にほめ、自己肯定感を高めるようにしましょう。
自分に自信が持てると、徐々に気持ちが安定すると期待されます。

■環境を整える
落ち着きのない子どもの中には、刺激に敏感なため精神的に不安定になってしまう子どももいます。
刺激となり得るものは、音やにおい、人混み、感触などさまざまで、子どもによって異なります。
何が子どもの刺激となっているのかを見極め、原因となるものをできるだけ取り除くことで、落ち着けることがあります。

▼まとめ
子どもの落ち着きのなさが気になるときは、伝え方を工夫する・見通しを持たせる・環境を整えるなど、子どもに合わせた対応を試してみましょう。
株式会社みのりの森では、ご利用者様が自分らしく生きられるサポートを提供しております。
お子様のことでお悩みを抱える保護者の方は、お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE