Blog&column
ブログ・コラム

授業についていけないことが原因の不登校への対処法

query_builder 2022/06/08
コラム
26
子ども不登校の原因の一つに「授業についていけない」ことが挙げられます。
この場合、学校に行かないことでますます授業についていけなくなるのではと、保護者の方もお子様自身も焦りが募るでしょう。
そこで今回は、授業についていけないことが原因の不登校への主な対処法をご紹介しましょう。

▼授業についていけずに不登校になる理由
授業についていけないことで不登校になるのは、学校にいく意味を見出せなくなったり、やる気がなくなったりするためだと考えられます。
また将来に漠然と不安を覚えたり自分に自信がなくなることも、要因になります。

▼授業についていけず不登校になったときの対処法
では授業についていけずに不登校になったときは、どのような対処法をとると良いのでしょうか。

■自信をつける
授業についていけなかったことで、多くのお子様が自信を失っています。
好きなことや得意なことに没頭させ、自信を取り戻してあげましょう。
お手伝いをしてくれたことなど、少しのことでもほめてあげるのも有効です。

不登校を否定しない
不登校になると、保護者は「早く学校に行かせなきゃ」と焦りがちです。
しかし学校に行けず1番悩んでいるのは、お子様自身です。
まずは、「学校に行かなくてもいいよ」と認めてあげることで、気持ちが楽になりますよ。

子どもに合う勉強方法を見つける
今や勉強は、学校に行かなければできないというものではありません。
お子様に合ったやり方や進度で学習することで、勉強に対する苦手意識がなくなるかもしれません。
いい機会だと考えお子様に合う勉強方法を見つけ、じっくりとやり直してみるのも良いかもしれません。

▼まとめ
授業についていけないことで、自信を失ったりやる気を失ったりして不登校になることがあります。
その場合不登校を否定せず、おうちでじっくりとお子様に合った勉強方法を見つけたり、自信をつけてあげましょう。
株式会社みのりの森では、不登校のお子様のご支援を承ります。
お子様に合わせた方法で、学習のサポートも行いますのでご相談ください。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE