Blog&column
ブログ・コラム

発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

query_builder 2022/08/01
コラム
33
発達障害がある子どもは、一人ひとりできることとできないことが異なります。
そのため、一人ひとりに合った方法で勉強を教えなければなりません。
そこで推奨されているのが個別指導です。
では、発達障害の子どもに対して個別指導を行うメリットとは一体何なのでしょうか。

▼発達障害の子どもに対する個別指導のメリット
■苦手な分野を重視して学習できる
発達障害の有無に限らず、子どもは一人ひとり得意不得意があります。
中でも発達障害がある子どもは、文字の読み書きが苦手だったり長時間集中できなかったりといった特徴があります。
個別指導では一人ひとりの苦手なことを重点的に学習するので、苦手なことができるようになる喜びを味わうことができます。

■先生の目が届きやすい
複数の子どもを1人で見ようと思うと、どうしても目を離さなければならないこともあります。
しかし、発達障害がある子どもの中には行動が読めない子どももいるので、目を離したくないと思う方もいるでしょう。
個別指導であれば、常に子どものことを見ながら授業できるので安心です。

■1人にしっかり時間をかけられる
特性が異なる子どもに同じ指導をしても、上手く伝わらない子どももいます。
そうすると個別で対応しなければならないので、その分他の子どもにかける時間が減ってしまいます。
しかし、個別指導であればその子どもに合った方法で指導できるので効率的です。

▼まとめ
発達障害の子どもに対する個別指導のメリットは、主に次の3つです。
・苦手な分野を重視して学習できる
・先生の目が届きやすい
・1人にしっかり時間をかけられる

弊社では学習支援をはじめとしたさまざまなサービスを提供していますので、気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 発達障害の子どもに対する個別指導のメリット

    query_builder 2022/08/01
  • 発達障害の子どもをサポートする際の注意点

    query_builder 2022/07/22
  • 文字を読むのが苦手な小学生について

    query_builder 2022/07/15
  • 注意欠如・多動性障害とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE