Blog&column
ブログ・コラム

発達障害が原因の偏食を改善する方法

query_builder 2023/01/01
コラム
43

偏食というとわがままといったイメージがありますが、実は発達障害が原因で偏食になるケースもあります。
子どものうちから偏食だと、親御さんは心配になりますよね。
そこで今回は、発達障害が原因の偏食を改善する方法をご紹介していきます。

▼発達障害が原因の偏食を改善する方法
■食べられない理由を聞く
なぜ好き嫌いをするのかわからない場合は、なぜ食べられないのか聞いてみましょう。
味・食感・におい・見た目などさまざまな理由があるでしょう。
食べられない理由がわかれば、自然と対処法が見えてくるはずです。

■食感が気にならないように調理する
食感が苦手で食べられない場合は、調理方法を変えてみましょう。
たとえば、硬いのが苦手であれば柔らかく煮込む、ザラザラしたのが苦手であれば液状にしてみるなど、調理方法を変えるだけで食べてくれるようになるケースもあります。

■見た目をアレンジする
食べ物の見た目が苦手な場合は、いつもと見た目を変えてみましょう。
たとえば、食材の形がわからないようにミキサーにかけたり、お子さんが好きなキャラクターを作ってみたりなど、アレンジしてみるのがおすすめです。

■無理やり食べさせない
偏食が激しいと心配になり、食べてくれないことにイライラすることもあるでしょう。
しかし、そこで無理やり食べさせると逆効果です。
その食べ物に恐怖心を覚え、トラウマになってしまうこともあります。
そのため、食べてくれるまで気長に待つことも大切です。

▼まとめ
発達障害が原因の偏食を改善する方法は、主に次の4つです。
・食べられない理由を聞く
・食感が気にならないように調理する
・見た目をアレンジする
・無理やり食べさせない

偏食は発達障害の症状の1つなので、焦らずゆっくり改善していきましょう。

NEW

  • ブログ始めました

    query_builder 2022/03/02
  • 癇癪を起す小学生に有効な対策とは

    query_builder 2023/12/01
  • 子供の勉強嫌いを克服する有効な方法とは

    query_builder 2023/11/03
  • 子供が勉強を苦手と思う原因とその対策とは

    query_builder 2023/10/05
  • 子供の偏食の原因とその改善方法について

    query_builder 2023/09/03

CATEGORY

ARCHIVE